小中大
グリーフワーク
尾道葬典社グリーフワーク病的な悲嘆
病的な悲嘆
「グリーフワーク」の長期化・慢性化
その一つの症状は、「グリーフワーク」の長期化・慢性化です。
悲嘆のプロセスを正常に歩むことができずに、いつまでも特定の状態にとどまるのです。身体症状がいつまでも現れたり、うつ病になって前に進めなくなったり、故人が戻ってくると考えて、現実を受け入れなかったり、故人と再会するために自殺をしようとしたりすることがあります。
悲嘆の遅滞
もう一つは、悲嘆の遅滞です。
これは、逆に現れるはずの正常な悲嘆の反応が現れないことです。まったく何事もなかったのように振舞う人もいますし、死を喜んで受け入れるように見える人もいます。ですが、これは悲嘆の感情を抑圧しているだけで、いつか、それが増幅した形で現れることになります。悲嘆の反応は抑圧せず、それを受け入れ、表現する必要があります。
また、他人に対する怒りなどが積み重なり、人間関係が正常に営めなくなるような、悲嘆に陥る場合もあります。
病的な悲嘆に陥りやすいケースは、急な死別、自殺、他殺などによる死別、癌による死別などの場合です。これらは、遺族に大きなショックを与えるため、正常な「グルーフワーク」を歩めないことがあります。
また、故人に対してアンビバレントな感情、つまり好意と憎しみを共に抱いていた場合も、罪責感を感じやすくなります。また、自分が強く依存していた相手や、子供などの死別も特別な反応を生みやすくなります。
病的な悲嘆に陥った遺族には、専門医によるカウンセリングや、薬物療法などが必要になります。
尾道葬典社では、ご家族の温かい心をかたちににするために、
心よりお手伝いさせていただきます。
●グリーフワークについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせへ